歯の矯正の歴史について知識を深めましょう

みなさんこんにちは、えびす矯正歯科です。おかげさまでえびす矯正歯科は、開業より22年を迎えることが出来ました。皆様に心より感謝申し上げます。

そこで今回は、歯科矯正の歴史について話してみたいと思います。皆さんが始めてみたいと思っている歯の矯正がどのような歴史をたどって現在にあるのか、知ることによってより矯正に関しての知識を深められるかと思います。

矯正の始まり

矯正の誕生は1903年、エドワード・アングル博士が矯正歯学の理論を発表したことから始まったと言われます。「エッジワイズ法」という現在のような矯正装置の原型を考え出した人で「矯正学の帝王」と言われるほど、現在の矯正技術に多大なる影響を与えた人であるそうです。それから日本には約50年ほど後に矯正の技術が伝わったと言われています。

それから多くの歯学者によって様々な矯正技術が生まれました。

見えない矯正の歴史

では、見えない裏側の矯正、リンガル矯正はいつ、どこから生まれたと思いますか?
実は日本で生まれたのです、1960年代、藤田博士が考案した治療法です。

フジタメソッドと言われ、改良を続けて現在のような見えない矯正の形になりました。

その後、2001年にドイツのDr.Wiechmannによりインコグニートが開発されるなど、舌側矯正の技術は様々な形で開発が進められています。

マウスピース矯正の歴史

マウスピース矯正の歴史はどうでしょうか。

代表的なマウスピース矯正であるインビザラインの歴史は、Zia Chishtiによって考案され、Kelsey Wirthと共に1997年、アライン・テクノロジー社を設立し、開発されました。

その後、2002年には日本でもアライン・テクノロジー社が設立され、2006年より日本でインビザラインの販売が開始されることとなりました。インビザラインの歴史はまだわずか7年ですが、しっかりとした治療計画を元にその人の歯のモデルを最新の技術をもって形を作り、いつでも取り外しが出来て、目立たない、痛みの少ない形で矯正が出来るという、画期的な矯正治療です。

このように、矯正の誕生や、それぞれの治療法にも歴史があります。ここで紹介しているのはごくほんの一部のものですが、歴史を知ることで知識を深めると矯正を始めることへの意欲やモチベーションにもつながるかもしれません。

【虫歯予防に】虫歯になりにくい甘いもの

6e22d58c91c3ee31e859d32e18e3374c_s2月、3月といえばバレンタインデー、ホワイトデーですよね!
なんと、全国のチョコレートの売り上げの半分はこの時期に集中しているらしいですよ、すごいですね!!

皆さんは大切な人、お世話になった方へ送ったり、もらったりされましたでしょうか。
やはり気になるのは虫歯ですよね、もちろん食べた後にしっかりと歯磨きをすれば予防できますので、いつも以上にチョコを食べたら、いつも以上にしっかり歯を磨きましょう^^

キシリトールをつかったスイーツで虫歯になりにくくなるかも!

29d2d2bca383598dd6b440ceec353c86_sそれでも、矯正中や歯の治療中の方はしばらくの間、甘いものを控えていたりして中々、チョコレートをプレゼントするのは喜ばれないこともあるかと思います。
そこで最近では、キシリトールや甘味料をつかった、ノンシュガーのチョコレートが売られているのです。すごいですよね!

砂糖不使用じゃあまり美味しくないんじゃないの!?

5d2661e0511fabcce5a128e3bfe22812_sお菓子の成分にもよると思いますが、先日わたしも、キシリトールをつかったチョコを食べてみました!すると確かにチョコよりは甘味が抑えられておりますが、食感、味とともにチョコレートの味がしました!原材料としてもカカオやココアパウダーを使用しているので、そこにキシリトールを加えて砂糖の代わりに甘味料を入れてあるのです。
とても美味しかったですよ^^

楽天市場のネットショップなどでも売っているみたいなので、気になる方は見てみるとよいですよ!
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB+%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3/

とはいえ、歯磨きはしっかりとしましょうね!
えびす矯正歯科では矯正中の患者様への食べ物や歯磨き指導も行っております。

もちろんこれから矯正を初める方へのご相談、アドバイスもいたしますので、お気軽に聞いてくださいね♪

初診矯正相談の大切さについて

矯正を初めて受けられる方、または矯正を改めてお考えの方も含めて、初診相談をしっかりうけることの大切さについてお伝えします。

歯の状態は個々によって違う

歯並びというものは、「同じような症例」や「歯並びの具合」にある程度の似た形があっても、個人の歯並びは千差万別、100人いれば100通りの症例と治療法があるのです。ですから本当にその人にあった治療方法を行うには、口の中をじっくり見て、こと細かに歯並びの状態を把握しなければいけません。

多額の治療だからこそ繊細で、慎重な判断が必要です

c58f7e0e80b9c28450938d303179b84e_s矯正はとてもお金のかかる治療です。だからこそちゃんとした所で良い治療を受けて良い歯並びを手にいれたいという気持ちは誰もが同じです。
でもその判断基準を初めて矯正を行う患者様が知ることは難しいことだと思います。私達は、しっかりとプロの目線で判断し、それを患者様がわかるように伝える必要があるのです。

当院の初診矯正相談が無料ではない理由

矯正の相談を「無料で」出来る範囲は限られます。もちろん、当院は無料であっても有料であっても患者様へしっかりと治療に関する提案や症例をお伝えする意向は変わりませんが、お金を払ってでもしっかりと歯並びを治したいという意思の強い方に、治療に関する提案や、患者様が抱えているお悩みや相談に本気になって応えて治療を始めて頂きたいという想いがあるのです。

 

ですから、初診相談を受けてみたいと考えていらっしゃるようでしたら、どうぞ安心してお越しください。アナタのお悩み、不安や相談内容を遠慮なく私達にぶつけてください。
そして、アナタ自身がしっかり納得した上で矯正を始めていきましょう!

▶︎初診矯正相談はこちら

歯並びにも優しい!?歯に良い食べ物

本年もよろしくお願いします。えびす矯正歯科です。

皆様は年末年始、どのようにお過ごしになられましたか?年越しそばやおせち料理、お雑煮など、いろいろな食べ物を口にする機会も多いかと思います。歯磨きはしっかりして、健康な歯を保つように心がけましょうね。

そんな食べ物にちなんで、今回は歯に良い食べ物を紹介させて頂きます。

1.乳製品(ヨーグルト、チーズなど)

fa5b30ec309d972fd2a4096676a59802_sカルシウムがたくさん入っていることが主な理由です。ヨーグルトに関しては100gあたり約120mgのカルシウムが含まれています。また、それだけではなく、ヨーグルトはカルシウムの吸収率が高く、50~80%にも及ぶと言われております。

チーズも、栄養価が非常に濃縮されている食べ物で、20gの栄養価が牛乳の約200mlにあたるとされます。また、チーズは糖質も少ないので、食生活に気を使っている方などにも最適な食物の一つですね!

2.海藻類(ひじき、わかめなど)

e56bc20f8f29bd6b7684eeeecaa9732b_s海藻類はカルシウムやビタミンAが豊富です。また、むし歯の原因となりやすい、歯の中を酸性になりにくくさせるアルカリ性の食べ物で、歯の健康にとってとても良い食品とされています。

カロリーも低く、健康食品としても、普段のおかずのラインナップに積極的に取り入れていきたいですよね。

3.魚介類(紅鮭、いわしなど)

9edd5ee95c7e70061bd1868911ae6aae_s魚介類に多く含まれているビタミンDは、カルシウムの消化を助ける役割を果たしてくれます。また、カルシウムやたんぱく質もよく含まれておりますし、ご飯にあわせて食べやすいのでオススメです。また、魚介類ではないですが、しいたけなどのキノコ類も同様にビタミンDを多く含んでおります。

いかがでしたでしょうか。よく、栄養のバランスを考える食べ物として「ま(まめ)・ご(ごま)・わ(わかめ)・や(やさい)・さ(さかな)・し(しいたけ)・い(いも)」という覚え方がありますよね、ここには歯の健康に良いものもたくさん含まれておりますが、ヨーグルトもひとつ加えたいところ!なので、「まごわやさしいよ(ヨーグルト)」と覚えてしまいましょう♪

年末年始

こんにちは。

2016年も残りわずかですね。

年末年始は美味しいものを沢山食べて楽しくお過ごし下さい!

 

当医院は12月29日の午後から1月5までお休みを頂いております。

現在1月の中旬までご予約が埋まってきておりますので、ご予約の際は

お早めにご連絡お願い致します。

 

トップページ | 当院について | 院長紹介 | 治療の流れ | 矯正について | 部分矯正 | インビザライン | クリアライナー | インコグニート | ホワイトニング・クリーニング
初診予約 | よくある質問 | 料金のご案内 | アクセス・診療時間のご案内 | skype初診相談 | お問い合わせ | サイトマップ