• 電話番号
  • 初診予約

院内で働くスタッフ、ドクターのご紹介

初診予約する
▼お手軽な初診矯正相談(2,000円)はこちらから▼
お電話で予約
メールで予約

スタッフブログ
Staff Blog

「 歯並び 」一覧

TCH

こんにちは!

最近の台風19号や大雨などの自然災害がとてもおおいですね

まさか多摩川が氾濫するとは思ってもいませんでした。

何が起きても大丈夫なように、非常食や懐中電灯などをしっかり準備することは大事だと実感させられましたね

 


 

 

さて、今回はTCHについてお話させていただきます!

TCHとは?

Tooth Contacting Habit 】の略です。

訳すと【上下歯列接触癖】と言います。

接触癖と聞くと、歯ぎしりや食いしばりのことを思い浮かべますよね?

しかし、TCHは安静時であっても歯が接触し続ける癖と言われています。

 

人は、安静時に歯と歯の間に1~3㎜の隙間があります。

歯と歯は、会話や食事をしたりするときに瞬間的に触れ合うだけなので

歯の接触時間は一日合計しても約17分弱なのです!

 

TCHは習慣化する!

  • パソコン・スマホ操作中
  • 読書中
  • 家事の最中
  • 勉強中 etc….

言われてみれば…と思う方もいらっしゃれば、気にしたことがないのでわからないという方もいらっしゃると思います。

しかし、こういった中で1時間のTCHがあった場合、4日分の負担を歯が受けていることになります!

それが一週間、一か月、一年…

考えるだけで恐ろしいですね

 

TCHによって起こりうるトラブル

  • 詰め物が取れる
  • 歯がぐらつく
  • 知覚過敏になる
  • 歯がかける
  • 頭痛・肩こり
  • 顎関節症 etc….

該当するものはありますか?

もしかしたら、知らないうちにTCHが起きている可能性があります。

せっかく高いお金をだして白い詰め物し歯をきれいにしたのに、TCHが原因で割れてしまうのはとてももったいないですね

TCH防ぐためには

TCHは無意識に起きてしまうものです。

  1. 弱い力のうちに気が付くこと
  2. 接触していたとしても短い時間で気づくこと
  3. 気づく回数を増やすこと

この3つを一日の中で気を付けて生活してみてください。

できることから徐々に続けていき、最終的には無意識で歯が離れているようになるのが理想です。

 


 

矯正治療でも、TCHにより歯の移動を妨げてしまっている方がいらっしゃいます。

日常生活でこのTCHを頻繁に気にかけていただき、

円滑な歯牙移動ができるようにご協力いただけますと幸いです。

 

 

えびす矯正歯科

歯科衛生士

 

初診矯正相談でまずはお気軽にご相談くださいませ。
好きな日時で簡単予約♪
初診予約フォームへ

プラークコントロール👩‍⚕️

 

こんにちは!

20日に行われたラグビーワールドカップ【日本VSロシア】の試合は盛り上がりましたね❗

最初にロシアにトライを取られましたが、その後見事な逆転勝利でした。

28日は世界ランキング1位のアイルランドとの試合です!

皆さんで応援して勝利を祈りましょう💪💪💪


 

さて、今回はプラークコントロール】についてお話します。

これは虫歯や歯周病の原因となるプラークを減らすことを言います。

プラークコントロールは口腔内の正しい知識をもとに、ブラッシングによるセルフケアや、プロフェッショナルケア等を行うことが重要です。

 

では皆さん【プラーク】とは何なのかご存知でしょうか❓

 

プラークとは

虫歯菌や歯周病菌をはじめとする細菌のかたまりのことを言います。

歯に似た色で確認しにくいため、磨き残しがあっても気が付きにくいです。

プラーク1mg中には、さまざまな細菌が1~10億個存在すると言われています💀

では、プラークはどのように形成されるのでしょうか❓

 

【ブラッシング後のプラーク形成過程】

 

➀1~2分後 ➡ ペリクル形成・細菌の付着が始まる

ペリクルとは歯の表面にできる被膜のことを言います。

細菌は含まれておらず、ここに細菌が住み着きプラークを形成していきます。

②2~3時間後 ➡ 細菌の増殖・異なる種類の細菌の増殖(糸状菌・桿菌)

ペリクルは粘着性が高いため、細菌や食べカスを吸着しやすく

集まった細菌に栄養を与える場所となります。

③~3日後 ➡ プラークの成熟(細菌叢の複雑化・厚みの増加)

歯や歯肉に悪影響を与える細菌が増え、バイオフィルムという簡単には落とすことのできないかたまりとなります。

この時点で、歯肉炎やブラッシング時に出血するなどの症状が出始めます。

 

このようにプラークが形成されていきます。

 

  • ブラッシング中に歯肉から血がでる💀
  • 毎日歯を磨いているのに、歯医者さんでプラーク付着に関して指摘されてしまう。。。

こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか❓

そんな方は、プラークの質によって磨き方を考えてみましょう❗

 

プラークテクスチャー

お口の中では、唾液や歯並びなどの口腔内環境の違いによりプラークの質が異なります。

 

かたいプラーク

唾液腺の機能の低下や、口呼吸による口腔乾燥により唾液流動性が悪い部分に付着します。

ネバネバプラーク

清涼飲料水による水分補給※詳しくはシュガーコントロールの記事を見てください❗

砂糖の頻回・過剰摂取により付着します。

厚いプラーク

歯ブラシが入りづらい・磨き癖があり磨けていない部位に付着します。

S__6340647

 

プラークの染め出しに使っている染色液が2色に変わる仕組みですが、

成熟したプラークの密度によって色が変わっています。

 

赤色は粒子が大きいため、比較的付着して間もない粗な構造のプラークに定着します。

青色は粒子が小さいため、密な構造の成熟したプラーク層まで到達し定着します。

 

  • 歯が重なり合っている部位(叢生)
  • 歯肉炎により歯肉が腫れている部位
  • 矯正装置のブラケット周り

 

これらは密な構造をしたプラークが付着している可能性が高い部位です😖

歯磨きペーストを付けているからプラークが落ちる訳ではなく、

歯面に正しくブラシの毛先が当たっているためプラーク除去ができます。

 

ブラッシングを行う際に、磨きにくさを感じた部位はブラシを当てる回数を増やしてみるだけでも効果がありますので是非試してみてください👌

 

また、歯石になっていたり口臭を指摘された場合は早めに歯科医院を受診し、PMTCや歯周病のチェックを受けられることをおすすめします👩‍⚕️

 

 

当院では患者様に合ったブラッシング方法やセルフケアの提案に力を入れています。

さまざまなケア用品も取り揃えておりますので、是非チェックしてみてください😊✨

 

えびす矯正歯科 歯科衛生士

初診矯正相談でまずはお気軽にご相談くださいませ。
好きな日時で簡単予約♪
初診予約フォームへ

海外の矯正治療

こんにちは!

早いもので8月も終わり、今日から9月に入りましたが、皆さまこの夏はどこかへ行かれましたか?

 

私は院の夏休みを利用して大好きなタイへ行ってきました!

タイへはこれまで7回ほど行っているのですが、毎回感じていたことが、

「矯正装置をつけている人が多い」

ということです。

しかもメタルのブラケットが多い!

そしてみんなカラフルなカラーゴムをしている!

あまりにも気になってしまったので、今回調べてみました!

どうやらいくつかの理由があるようです。

下記に書き出してみます。

 

治療費が安い

ファッションのひとつとして流行している

綺麗な歯並びは身だしなみのひとつ

 

他にも理由はあると思うのですが、主にこのような点があげられるようです。

どうやら過去には矯正効果のない飾りのブラケットをつけることが流行ったようなのですが、無許可の医療行為なので問題になり、そのような飾りのブラケットは見られなくなったのだとか(・・;)

ただ、そのくらいタイでは矯正が当たり前ということなんですね。

 

日本では矯正装置をあまり見せたがらない方が多いように感じますが、国が変われば物の見方、捉え方もここまで変わることに驚きを覚えます。

 

ちなみに私の個人的な感覚は、メタルのブラケットでカラーゴムをつけるのはとても可愛いなあと思っています!

無許可の医療行為はもちろん論外ですが、矯正をファッションの一部として楽しむという感覚はとても素敵ですよね。

 

 

えびす矯正歯科

 

初診矯正相談でまずはお気軽にご相談くださいませ。
好きな日時で簡単予約♪
初診予約フォームへ

🌈カラーゴム🌈

73936B2A-8C8C-419C-8554-FB08636475EBこんにちは!

最近雨の日が続いており、気温もどんどん上がってきて蒸し暑くなってきましたね…

そろそろ本格的な夏の到来なのでしょうかね☺︎

前回のブログでプレートリテーナーの色が選べると紹介したので、今回は矯正治療中のカラーゴムについてご紹介します!

以前もご紹介したのですが、そのときよりもカラーのバリエーションが増えました♡!

私も今矯正治療中で、カラーゴム愛用者です!

今はピンク系の色を三色交互に付けてますが、そろそろ暑くなってきてるので、涼しげな色の組み合わせをしようかと検討中です!

毎回どの色にするか考えながら、楽しみながら矯正治療を行っています☺︎

気になった方はぜひともスタッフにお声がけください!

よろしくお願いします!!

 

えびす矯正歯科

初診矯正相談でまずはお気軽にご相談くださいませ。
好きな日時で簡単予約♪
初診予約フォームへ

保定装置

こんにちは!

今回は保定装置に関してお伝えさせていただきます。

当院では、歯科矯正治療を行った後に歯を固定するために使う保定装置を院内で作製しています。

image1 (6)

主に上顎はプレートリテーナー、下顎はワイヤーリテーナーを使用します。

プレートタイプリテーナーは支えとなる部分の色を選ぶことができます!

 

矯正装置を外した後の歯は矯正前の位置に戻ろうとするため、リテーナーを食事と歯磨きの時以外しっかりと装着する必要があります。

せっかく時間とお金をかけて並べた歯も、後戻りしてしまったら大変です!

それでは、『リテーナーを一日中、一生つけていなければいけないのか』と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

ちなみに、リテーナーを使用して1~2年が経過した時点で、ドクターより指示があった場合装着時間を減らすことができます。

但し、食事・無意識な噛みしめ・親知らずの萌出等さまざまな要因で歯には力がかかっています。

そのため、少しずつではありますが歯は一生動くものだと思ってください。

保定1~2年が経過された方は、少なくとも、就寝中にはリテーナーを使用していただくことでそのような要因で起こるであろう歯の動きを抑えることができます。

 

また、プレートリテーナーは取り外しが可能な装置のため、紛失や破損等思わぬトラブルが起こる可能性があります。

破損等がなくても、ドクターより提案されたスケジュールでのチェックにご来院いただくことをお勧めいたします。リテーナーの紛失や修復の難しい破損等の場合は再製作となり別途料金が必要となりますのでご注意ください。

 

【夏季休診のお知らせ】

当院は8月13日~17日まで休診とさせていただきます。(その他祝日・木曜・日曜も通常通り休診)

ご不便をおかけしますが、休診中のお問合せは診察券に記載されているメールアドレスへご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

えびす矯正歯科

 

初診矯正相談でまずはお気軽にご相談くださいませ。
好きな日時で簡単予約♪
初診予約フォームへ