• 当院のコンセプト
  • アクセス・診療時間
  • 料金について
  • 初診予約

当院について

「矯正」をしていて気になることの1つは、あの鎖のような装置が見えてしまうことにあるかと思います。
「矯正をしていてもわからない」「目立たない」治療で矯正をしていることも人にわからなかったらいいのに。
そのような不安を解決して、最新の技術で確立された治療を行うのが、この「見えない矯正」です。
主に「見えない矯正」「インコグニート」「インビザライン」「クリアライナー」の4つです。
それぞれ施術の方法や使う装置などが異なりますので、自分にあった治療の方法はどのようなものなのか、
ご覧になってみて下さい。

歯ぎしりについて 知覚過敏について 矯正でよくある質問 アクセス・診療時間のご案内 当院のアロマテラピー スマイルトレーニング 歯みがきレッスン
  • ディスキング インプラント矯正
    プロファイルチェンジ ワックス処置
  • スーパーフロス マウスガード
    リテーナー 歯間ブラシ
番号をクリックすると切り替わります

メリットとデメリット

見えない矯正とは、現在、2つの方法があります。

  1. 固定式矯正装置(ブラケット)を歯の裏側につけ、矯正装置が全く人目に触れないように治療する方法で、この方法を「舌側矯正」または「リンガル矯正」または「裏側矯正」と言い、表側からの矯正治療とは異なった知識と技術を必要とし、歯の動きに大きな違いがあります。
  2. ブラケットを歯につけず、取り外し式(可撤式)の装置だけで治療を行います。装置は患者自身の取り外しにより使用中にのみ歯の動く矯正力がかかります。この方法の装置として、「インビザライン」、「クリアアライナー」、「プレート矯正法」、などがあげられます。

舌側矯正のメリット

裏側に装置を装着するので、目立たずに矯正治療ができます。

矯正治療をしたいけど矯正装置が目立つのが嫌とか、職業柄表側の矯正ができないなどという人には、舌側矯正が最適です。

矯正はしたいが、どうしてもあの装置を付けることが嫌だ、見えない装置で矯正をすることができるで、と聞いたので見えない矯正希望は多いです。

舌側矯正では、矯正装置が外側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができます。

舌側矯正中じゃ虫歯になりにくい

舌側矯正で虫歯になりにくい理由

  1. 歯の裏側は表側に比べてエナメル質が厚い。
  2. だ液には酸を中性にする働きがある。歯の裏側はだ液が常に潤滑しているので、歯の裏側に装置を付けることは、表側に付けるよりも虫歯になりにくいといわれている。
  3. 舌が装置の周りの汚れを、自然に掃除してくれる(自浄作用)

ただし虫歯になりにくいからといって、歯磨きを怠ると、やはり虫歯になる可能性が高まります。
矯正治療中は歯磨きは徹底的にすることがポイントです。また、歯科医師や衛生士に正しいブラッシングの仕方を習いましょう。

前歯が引っ込みやすくなります。

矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、そのスペース分だけ前歯を後ろに移動させるという方法を取ることがあります。この場合、奥歯を固定源にして前歯をひっぱって移動させます。ところが、表側の矯正では前歯が後ろに移動しないで、奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。
裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。

舌側矯正のデメリット

装置が舌に触れるため、違和感を感じ、発音がしづらくなる。

舌側矯正の装置を装着すると、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉が若干しづらくなることがあります(さ行、た行、ら行の言葉)。しかし、最近の舌側矯正装置は小さくなり今では改善されています。ほとんど、発音の慣れは最初の1~2週間です、すぐに慣れます。

舌が装置に触れる違和感を感じる人もいます。

裏側矯正では、歯の裏側に装置を付けるため、舌が装置に触れて違和感を感じる人もいます。最近の舌側矯正装置ではほとんどの人が1~2週間程度で慣れているようです。

歯磨きがしずらい。

歯の裏側は表側より歯磨きがしにくいものです。直に見ることが出来ないからです。

矯正装置を装着すると、普段の歯磨きと違い磨き難さを感じる場合もあります。

虫歯にならないために歯科衛生士に正しいの歯磨き仕方を習い、日頃の歯磨きを欠かさず行いましょう。

表側の矯正の治療費より費用が高い。

舌側矯正治療では表側の矯正治療に比べて費用がかかります。
通常、表側に矯正治療より1.4倍の費用が掛かります。

理由としては、歯の裏側は形態が複雑なために、表側矯正の装置を使うことができず、患者さんひとりひとりに合わせた装置をつくる必要があるからなのです。
つまり、オーダーメイドの矯正装置なのです。そのオリジナル装置をつくるのに大変な手間がかかるために装置の費用が若干高くなります。

また、歯の裏側の矯正は、高度な技術が必要となるので技術料が高くなります。矯正の先生の中でもさらに特殊技能が必要とされるから、特別なんです。

舌側矯正のドクターの選び方

表側の矯正より裏側は治療期間が長いの?表側の矯正より裏側は治りが悪いの?

ある医院のカウンセリングにて、「あなたの歯の場合、裏側の矯正は出来ないし、期間は2倍かかるよ」と言われた。
ある医院では、「上下裏側の装置で出来ます、期間は表側と同じ期間です」と言われた。
どうなってるの?

舌側矯正は特殊なので、上手に出来る先生の方が少ないのが本当です。
先生としては技術的に舌側矯正が出来なくても、出来ると言わないと医院の経営が出来ない、でもリンガルの希望者が多い、そして、トラブルも多いのが現状です。ドクターを選ぶのは患者の責任でしょう。
日本舌側矯正学会では、出来る出来ないの審査をアクティブメンバーとして認定しています。参考にしてください。

トップページ | 当院について | 院長紹介 | 治療の流れ | 矯正について | 部分矯正 | インビザライン | クリアライナー | インコグニート | ホワイトニング・クリーニング
初診予約 | よくある質問 | 料金のご案内 | アクセス・診療時間のご案内 | skype初診相談 | お問い合わせ | サイトマップ