• 当院のコンセプト
  • アクセス・診療時間
  • 料金について
  • 初診予約

院長紹介

当院の院長は日本舌側矯正歯科学会の会長を務めており、一般的な矯正治療はもちろん、舌側矯正などの
"見えない"矯正治療には、多くの患者様からの好評を頂いております。

院内での治療はもちろん、国内、海外での長年の経験・実績が確立された治療へとあらわれています。
自身も矯正治療を受けた経験から、患者様の気持ちを考え、治療を乗り越えた時の喜びをともに分かち合う。
生まれ育った恵比寿というこの街で、矯正を通じてたくさんの輝かしい「笑顔」を人々に与えています。

歯ぎしりについて 知覚過敏について 矯正でよくある質問 アクセス・診療時間のご案内 当院のアロマテラピー スマイルトレーニング 歯みがきレッスン
  • ディスキング インプラント矯正
    プロファイルチェンジ ワックス処置
  • スーパーフロス マウスガード
    リテーナー 歯間ブラシ
番号をクリックすると切り替わります

学会発表

日本舌側矯正歯科学会
2009年11月3日、日本舌側矯正歯科学会でタイトル『舌側矯正で起こりやすいボーイングイフェクトと前歯のトルクロスを防ぐために』 での講演発表を行いました。第2回JLOA国際シンポジウムBasic Courseが東京 赤坂 都市センターホテルにて開催されました。お天気にめぐまれた文化の日の祭日とあって160名以上のの先生方の来場がありました。フランスからDr.Didier Fillion、Dr.Germain Becker、韓国からDr.Ryoon-ki Hong、日本から居波徹先生、廣俊明先生、重枝がシンポジストとなり講演を行いました。
学会発表資料
学会発表風景
講演中の写真です。緊張で口内が乾燥して水分補給をしながらの発表となりました。
これから舌側矯正を始める先生方、舌側矯正の最初の壁にあたった先生方へ向けて前半は基本的な舌側矯正のバイオメカニクスについて、後半は治療例を交えての異なった埋入部位でのミニインプラントからの牽引に対する歯牙の動態について報告をしました。

中央にDr.Didier Fillion、右にJLOA副会長の古谷直樹先生、大変お世話になりました。ありがとうございます。
2003年にフランス パリで開催されたDr.Didierの講習会と彼のオフィス見学も懐かしく、自分の舌側矯正の歴史の中ではかけがえのない師であることは言うまでもありません。
1996年のフォリオコース以来毎年お会いしていて、Gentlemanとはまさに彼の事でしょう。

先生方一覧
トップページ | 当院について | 院長紹介 | 治療の流れ | 矯正について | 部分矯正 | インビザライン | クリアライナー | インコグニート | ホワイトニング・クリーニング
初診予約 | よくある質問 | 料金のご案内 | アクセス・診療時間のご案内 | skype初診相談 | お問い合わせ | サイトマップ